「わかりました」>「あんまりわかってません」の間接的な用法


by ayamem
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:Linux-メモ( 9 )

メモ

kernel再構築のおかげで音が出るようになった。
フレームバッファOK
ipw2200ドライバ + ieee80211ドライバ

Dillo国際化(i18n)パッチ

MplayerXP(MPlayerを改造してCPU負荷を軽くしたもの)

Aria(ダウンローダ)
http://aria.rednoah.com/download_j.html

Leafpad(文字コード自動認識の軽快なエディタ)

xjoypad(ジョイパッドにキー割り当て)
http://members.chello.at/erich.kitzmueller/ammoq/download.html

Joy2key(ジョイパッドにキー割り当て)
http://interreality.org/~tetron/technology/joy2key/

QJoyPad(ジョイパッドにキー割り当て)
http://qjoypad.sourceforge.net/

Xen仮想化技術の大本命「Xen」を使ってみよう(Xen対応カスタムカーネル構築編)
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/special/xen02/xen01.html

VMWare 5.0でDirect3D
~.vmxファイルに…
mks.enable3d = TRUE
svga.vramSize = 67108864
vmmouse.present = FALSE

crossover office trial(以下に記述するだけでDLきます)
http://www.codeweavers.com/products/download_trial
[PR]
by ayamem | 2005-08-28 05:46 | Linux-メモ

cloop(kernel-2.6.13-rc5用)

a0009081_14591239.jpg
今までkernel用のcloopパッチ探していたが、根本的にこの行為は間違っているようだ。
以下にcloop.koを作成するまでの手順

1.kernel-2.6.13-rc5をDL
2.とりあえずmake menuconfigして、ccache makeする。お好きなパッチを当てても可。
3.cloop-srcをinstallすると/usr/src/cloop.tar.gzが用意される。
 ので解凍
4.cloop-srcに対し、ccache makeする。
 これでカレントDIRにdebパッケージが作成される。便利~
a0009081_14592227.jpg
fvwm + mezzo
a0009081_1525320.jpg
というわけでようやくkernel2.6.13対応。公開時期未定・・・
[PR]
by ayamem | 2005-08-04 13:53 | Linux-メモ
小柄なだけに、起動の流れがつかみやすい、スクリプトも短い。

modprobe cloop file=KNOPPIX
mount -o loop /dev/cloop /mnt/cloop
cp -rf /mnt/cloop /mnt/hda6
cp /mnt/cloop/.bash_profile /mnt/hda6
↑/直下に起動に必要なファイルがあった(少しはまった)

[カスタマイズ編]---------------------------------------------
[ISO作成]
mkisofs -V "dsl-ja" -r -J -b boot/isolinux/isolinux.bin -c boot/isolinux/boot.cat \
-no-emul-boot -boot-load-size 4 -boot-info-table -o dsl.iso dslcd

従来のiso化だと"no an allocate size"なんとかとかメッセージが出るので、上記のようにすればおk

[icewm-lite導入]
CDブート後mydslを実行し、/tmp/icewm-lite.tar.gzをひろう。
/opt以下に解凍される仕組み。
etc/skel以下の.xinitrcをhome/dsl/.xinitrcにコピ
あと、chrootしてldconfigしておくこと。
fluxboxは不要なため、find |grep fluxし、引っかかったやつを消せばおk
[PR]
by ayamem | 2005-07-07 23:01 | Linux-メモ
debianイメージ
をDLし解凍。できたファイルをroot_fsに名前を変更
coLinuxをDLしインストール。
インストール先の「default.colinux.xml」を編集
・c:\coLinux\ のパスをインストール先に変更。(自分の場合、d:\i\coLinux\)

メモ帳で以下を記述し、colinux.batと名前変更する
colinux-daemon.exe -c default.colinux.xml

colinux.batをダブルクリックし、colinuxを起動
user:passwordを rootと入力し、ログイン

IPの設定
coLinuxを起動したら同時にDOS窓も起動するはず。
そこでTAP device名を確認。自分の場合は「ローカル エリア接続2」でした。
これと、現在使用している「ローカル エリア接続」とブリッジ接続する。

IPアドレスを設定する
coLinuxコンソールウィンドウから上で設定したIPアドレスをGWとして設定。
vi /etc/network/interfaces

んで最後に、「Routing and Remote Access」サービスを起動。これでネットに接続できる。
a0009081_12294919.jpg
サーバ・・・WinXP Pro(nLite+GeoShell)、coLinux、VMWare
クライアント・・・Win2k(nLite+GeoShell)、リモートデスクトップ接続の図
[PR]
by ayamem | 2005-06-22 00:09 | Linux-メモ

xDSLインストール

本家
download
CD-RWに焼いて電源OFF/ON→ブート。
起動後、右クリック→Apps→Tools→Loopback install選択。
ループバック2GBありゃいいだろ
swap512MBほど用意
xbeをコピーして終了。

sudo su
xebianからnvxbox_drv.o、XF86Config-4をあらかじめコピーしておく。
cp nvxbox_drv.o /usr/X11R6/lib/modules/drivers
cp XF86Config-4 /etc/X11
dpkg-restore
apt使えるようになるので後は自由に。

今回の目的であるリモートデスクトップ接続をしてみる。
以下にて16ビット色、サウンドをXBOX側で再生、LANの速度に最適化で192.168.3.2にリモート接続というオプション。
rdesktop -a 16 -x l -r sound:local 192.168.3.2
実際、操作はできたがTVの画面だと文字ぼやける。あとサウンドは高音の一部しか再生されなかった。
dxdiagでDirectSound状態見てみると「基本アクセレータ」どまり。はて?
remote(サーバ側)にてサウンド出力指定してみたがなぜか音が鳴らない。
実用的でないな。
[PR]
by ayamem | 2005-06-11 09:00 | Linux-メモ

xebian設定1日目

HDD起動できるようになったら、次にtelnet出来るようにする。
1.apt-get update
2.apt-get install telnetd

他PCよりtelnet出来ることを確認
(rootでは直接ログイン出来ないため、liveユーザで一度入る)

これでTVの画面から開放されますね。telnetじゃなくSSHでもいいけど。
[PR]
by ayamem | 2005-05-24 03:16 | Linux-メモ

xebianインスコ

インスト成功。
1.DVD-Rから起動。XBMCからDVD起動時は「プログラム→DVD-Game→Linux」
2.liveユーザでログインするので、端末起動し、su:xebian
3.XBOXLinuxInstall実行
  よくわからなかったので、とりあえずe:\をインストール先にする(SAVEのあるパーティションです。)
  SWAPファイルを指定。512MBあればいいんじゃないかな
  rootファイルを指定。2000MBでいい
  IPの設定をして終了。
4.リブート。DVDを取り出しe:\debian\default.xbeにてHDDから起動させる。

なお、この時点では以下のファイルがインストールされる
xebian:/mnt/e/debian# ls -lh
total 2.5G
-rwxr-xr-x 1 root root 21K May 23 19:16 default.xbe
-rwxr-xr-x 1 root root 1.2M May 23 19:16 initrd
-rwxr-xr-x 1 root root 128 May 23 19:16 linuxboot.cfg
-rwxr-xr-x 1 root root 2.0G May 23 20:10 rootfs
-rwxr-xr-x 1 root root 512M May 23 2005 swap
-rwxr-xr-x 1 root root 910K May 23 19:16 vmlinuz
[PR]
by ayamem | 2005-05-24 03:11 | Linux-メモ
37:mount -t fatx /dev/ide/host0/bus0/target0/lun0/part50 /cdrom
38:mount -o loop /cdrom/rootfs /ram
以上より、
E・・・/dev/ide/host0/bus0/target0/lun0/part50
あと、fdisk -l /dev/hda*にて以下確認
F・・・/dev/ide/host0/bus0/target0/lun0/part55
G・・・/dev/ide/host0/bus0/target0/lun0/part56
--------------------------------------------------------
つまり、gentooxをFドライブに配置したい場合は37行目を、
配置したいディレクトリを変更する場合は38行目を
変更すればよい。

以下linuxrcの中身

linuxrc
[PR]
by ayamem | 2005-05-07 10:03 | Linux-メモ

XBOX

BiosFlashにてBiosを「EvoX M8 LBA48 G drive使用可」へ書き換え成功
HDD 250GB搭載
できることを書く
toolはここからゲットか
ttp://xbox.makii.pl/
[PR]
by ayamem | 2005-03-04 18:34 | Linux-メモ