「ほっ」と。キャンペーン

「わかりました」>「あんまりわかってません」の間接的な用法


by ayamem
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2005年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

忘備録

[現在手持ち]
「サザンクロスPDA SL-C750」「ipaq h1920」「GBA-SP+GBALink256MB」「PS2+120GB」「PSP」「702NK」

[売買履歴]
「モバイルギアⅡMC/R450」→「G-Fort」→「genio-e 550G」→「SL-C750」→「VaioU1」
→「SL-C860」→「Vaio TypeU」→「SL-C3000」→「玄箱」→「パネリーナ+40GB」
→「自作(Athron64 3000+)」→「MURAMASA PC-CV50FW +40GB」

観測所…RJTT
Let's note CF-R3D買いだな
netstat -n | find "文字列"
ポケットキングス
[PC-CV50F patch]http://support.sharp.co.jp/mebius/detail/PC-CV50F/download/bios106000/index.asp
[SphereXP]http://www.hamar.sk/sphere/download/SphereXP.0-81.exe
[QtopiaSDK on Cygwin]http://takahr.dhis.portside.net/cgi-bin/rwiki.cgi?cmd=view;name=QtopiaSDK+on+Cygwin%3Aen
[apt-getの変わった使い方]http://detroit.ddo.jp
[/のsd移行]http://www.tcp-ip.or.jp/~naorou/linuzau/root-c700.html
[vSun ck]http://xvirus.blogchina.com/blog/category.221268.html
[pdaXromでbitWarp PDA接続]http://yamashita.dyndns.org/plone/zaurus/pdaxrom-050113
[coLinux 用ももんが]http://www.momonga-linux.org/
[Lineage2クライアント]http://form.s25.xrea.com/
[mepis iso]ftp://ftp.ibiblio.org/pub/linux/distributions/mepis/testing/
[kita.rpm作り方]http://www.geocities.jp/tossi0x19/make_debianpkg.html
[deb]http://debian.fam.cx/index.php?Tips
[PR]
by ayamem | 2005-02-23 23:43 | 自分のこと
----------------------------------------------------------------
/usr/QtPalmtop.rom/binを攻め、内臓空き4.4MBゲット
----------------------------------------------------------------
636.8k ip-phone  (Fnと数字キー同時押しで起動するうざいやつ)
43.1k ipphone-setup(IP電話使用しなければ必要なし)
286.5k movieplayer(zplayerで変わりを)
213.4k musicplayer(zplayerで変わりを)
2.3M netfront3  (ネットフロント)
186.7k presenter (プレゼンテーションアプリ)
112.7k voicerec  (ボイスレコーダー)
171.8k zaureceive (MIザウとSLザウ間のデータコンバータ)
142.8k zmigration (データ移行SLザウルス)
/usr/QtPalmtop.rom/sounds (音楽ファイル)
/usr/QtPalmtop.rom/help/ja/hml (ヘルプファイル)

cd /usr/QtPalmtop.rom/bin
for i in ip-phone ipphone movieplayer musicplayer netfront presenter voicerec zaureceive zmigration
do
find /usr/QtPalmtop.rom/ | grep $i >> /home/zaurus/del.txt
done

sed "s/^/rm -rf /" /home/zaurus/del.txt > /home/zaurus/del.sh
sh /home/zaurus/del.sh
rm -rf /usr/QtPalmtop.rom/sounds/*
rm -rf /usr/QtPalmtop.rom/help/ja/html/*

作業前 du -sh /usr/QtPalmtop.rom → 30.8M
作業後 du -sh /usr/QtPalmtop.rom → 25.2M

----------------------------------------------------------------
/usr/QtPalmtop.rom/binlibを攻め、内臓空き3.2MBゲット
----------------------------------------------------------------
492.3k addressbook.so(アドレス帳)
569.8k datebook.so (qualenderを使用)
1.3M qtmail.so  (他のメーラーを使用?)
203.2k textedit.so (zeditorを使用)
183.1k todolist.so (qualenderを使用)
165.4k zimager.so  (画像閲覧ソフト)

cd /usr/QtPalmtop.rom/binlib
for i in addressbook datebook qtmail textedit todolist zimager
do
find /usr/QtPalmtop.rom/ | grep $i >> /home/zaurus/del.txt
done

sed "s/^/rm -rf /" /home/zaurus/del.txt > /home/zaurus/del.sh
sh /home/zaurus/del.sh

作業前 du -sh /usr/QtPalmtop.rom → 25.2M
作業後 du -sh /usr/QtPalmtop.rom → 22.0M

----------------------------------------------------------------
busyboxの入れ替え
----------------------------------------------------------------
LinuZau ToolBoxさんのところで配布されているbusyboxに入れ替えた。
mountとumountはbusyboxではなくsbusyboxにリンクを張ること
su
mount -o remount,rw /
cd /bin
cp -f /mnt/card/busybox busybox
cp -f /mnt/card/sbusybox sbusybox ; chmod u+s sbusybox
rm mount umount ; ln -s mount sbusybox ; ln -s umount sbusybo

・LinuZauToolboxさんのところで追加されたbusyboxの機能
[ ar arping awk bunzip2 bzcat cal cmp cpio crond dos2unix
egrep expr fdisk fgrep fold ftpget ftppug getopt hexdump
hwclock ifconfig insmod install ip ipaddr ipcalc iplink iproute
iptunnel last length losetup nameif netstat od openvt patch
pipe_progress pivot_root rdate readlink realpath renice rmmod
route rpm rpm2cpio run-parts rx seq sha1sum start-stop-daemon
strings stty sysctl test tftp time top uncompress unix2dos unzip
watch watchdog wget who

・sbusyboxに収録されているコマンド
crontab mount ping ping6 traceroute umount
・sbusyboxに変更したコマンド
mount ping umount
・消えたコマンド
dutmp halt init loadacm poweroff syslogd update

----------------------------------------------------------------
その他
----------------------------------------------------------------
・ldd導入
いとしのlizaからqpe-embeddedkonsole-ja_1.6.0-jinput3_arm.ipkを導入
armutils_1-qt1_arm.ipkをDL、展開
cp ldd /bin
・rootのシェルを指定
vi /etc/passwd → /bin/shを/bin/bashに書き換え
・空いた領域に入れたもの
onscripter snes9x mplayer zeditor pawfont xkazoku
----------------------------------------------------------------
ひとまずこの状態でNAND Buckupとる。
[PR]
by ayamem | 2005-02-23 15:11 | Zaurus

xclannad激しく化け/落ちる

a0009081_2231448.jpg

./configure
colormake

1.window/SDL_rotozoom.hでSDL11/SDL.hのエラー
-> SDL11/SDL.hをSDL/SDL.hに書き換え

2.window/picture.ccでgettimeofdayのエラー
-> #include"SDL_rotozoom.h"の後くらいに#includeを追加

3.font/font_peer_ft2.ccでfreetypeのエラー
-> #include の前に以下の2行を追加。
#include
#include FT_FREETYPE_H

4.font/font_face.ccでfreetypeのエラー
-> #include "font_peer.h"の前に以下の2行を追加。
#include
#include FT_FREETYPE_H

5.font/font_peer_fn.ccでfreetypeのエラー
-> #include "font_peer.h"の前に以下の2行を追加。
#include
#include FT_FREETYPE_H

6.audioIO_oss.cでaudioOpenのエラー
-> #ifdef USE_OSSの前に1行追加
#include
a0009081_2231524.jpg

[PR]
by ayamem | 2005-02-18 22:13

映画「マッハ」

Tony Jaa主演。
肘で乱舞系な技、
相手を2階から落とす際に食らわす2段蹴り、
高速でぶっ飛んでくる膝蹴り、
相手の技を読み、出鼻をくじいたり反動を利用してカウンター決めたり・・・

格闘シーンはホント一見の価値ありです。
1日で2回+格闘シーン何度もリプレイ見ました。
[PR]
by ayamem | 2005-02-14 23:32

SimplyMEPIS 3.3.test03j

1CD作ってみたけど、これじゃ公開できないなぁ・・・

CDブートで以下問題発生(HDDインストール後では以下問題発生しません)
・音が鳴らない(meautoが正常動作せず、認識しない!?)
・英語メニュー($LANGがen)
・日本語入力できない(uim-ximが起動しない)

2回チャレンジ(2時間x2)してダメだったので寝る!!
[PR]
by ayamem | 2005-02-13 21:58
a0009081_1845434.jpg

KNOPPIXのtesting的な位置づけらしい。

mepisと違う点---------------------------------------------------------
・CD ブート時にかかる時間がほとんど必要最小限に抑えられており、正直早い
・GRUBの画面(messageファイル)がカコイイ
・自動認識も評判よいみたい。(おれっちのvia-velocityが自動認識されるね)
・インストーラ(knoppix-install)が結構よい出来。
「インストールパーティション選択」-「GRUBインストール先選択」-「インストール開始」で。
インストール中にアプリ起動してもレスポンスそんなに落ちない。squashfsあなどれない
・インストール後は自動でreiserfsのパーティションになる。
・squashfsのため、ループバックイメージのマウントが簡単
・CDのブートファイルが変更になったため、起動率高くなるかも

違和感---------------------------------------------------------------
・Xsessionの書式がmepisと異なってて、日本語入力できるまでに少々手間取った
(今となってはどうでもいいが)
・miniroot.gz書き換えマンドクセ(未着手)

日本語入力解決。
・2chビューアのochusha導入。起動は端末からochushaで。

sources.list追加分--------------------------------
# scim-anthy
deb http://everybody.good-day.net/~ikuya/debian/sarge/scim-misc/ ./
#deb-src http://everybody.good-day.net/~ikuya/debian/sarge/scim-misc/ ./

# onscripter
deb http://detroit.ddo.jp/debian/woody ./
deb-src http://detroit.ddo.jp/debian/woody ./

# wine
deb http://wine.sourceforge.net/apt/ binary/
deb-src http://wine.sourceforge.net/apt/ source/
[PR]
by ayamem | 2005-02-13 15:41
uim-ximの環境変数は、/etc/init.d/knoppix-autoconfigと/etc/profile両方に記述したらうまくいった。
a0009081_13301433.jpg

[PR]
by ayamem | 2005-02-13 13:29
a0009081_22311042.jpg
はじめてsquashfsなシステムの1CDを構築したのでメモ

作りかた(経験者はCDROM内の[build-1cd-knoppix]内スクリプト読めばわかるでしょ)----------------
1.HDD(自分は/mnt/hda2)にインストール。
作業用別パーティション(自分は/mnt/hda6)を用意し、CDの中身を全部/mnt/hda6/build-1cd-knoppix/mepiscd/にコピー

2.HDDからシステム起動。普通にapt-getでパッケージインスコ、設定の嵐

3.リブートし、1CDから起動。HDDのパーティションをマウント、
 /mnt/hda2/etc以下の fstab , X11/XFree86Config など個別な環境を含むものは削除しておく

4.圧縮。# cd /mnt/hda2 ; mksquashfs ./ /mnt/hda6/build-1cd-knoppix/KNOPPIX/KNOPPIX
squashfsで圧縮されたイメージがKNOPPIXというファイル名で作成される。

5.# mkisofs -l -f -r -J -V "KANOTIX" -v -b boot/grub/iso9660_stage1_5 -c boot/grub/boot.cat \
-no-emul-boot -boot-load-size 1 -boot-info-table -o ./KANOTIX-j.iso ./mepiscd
を実行し、ISOイメージを作成。

6.できあがったKANOTIX-j.isoをk3bで焼く。

失敗談------------------------------------------------------
・日本語入力Shist+Space
・キーボードを日本語配列にしたい場合はkcontrol-[地域及びアクセス補助]-[キーボードレイアウト]で日本語キーボードを選択で
・CDブート時のホームディレクトリはminiroot.gz内にユーザの個別設定が保存されているのか…
[PR]
by ayamem | 2005-02-12 22:31

ぼちぼちノーマル

a0009081_13131615.jpg

#!/bin/sh
#
#自分の思考部分を加え、なぜそうするのか、を加筆してみた
#なお、ホスト環境はSimplyMEPIS 3.3.test02jを使用
##
##1.事前準備
##2.ディレクトリ作成
##3.デバイスファイル作成
##4.busybox使用可能への道
##5.chroot可能までに必要なファイルのコピー
##6.必要なファイルのコピー
##7.カーネル導入
##8.bootloader導入
##9.各種ソフト導入
#
#ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
##1.事前準備
#新しい/の場所を指定する。bootloaderを入れたときbootできるように
#専用のパーティションを作成したほうがいいかも
umount /mnt/hda6 ; mkfs.ext3 /dev/hda6 ; mount /dev/hda6 /mnt/hda6
export NEW=/mnt/hda6

#ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
##2.ディレクトリ作成
cd $NEW
mkdir bin boot dev etc home lib mnt proc root sbin tmp usr var

#/etcサブディレクトリの作成
cd $NEW/etc
mkdir X11 skel apt

#/usrサブディレクトリの作成
cd $NEW/usr
mkdir bin include lib local sbin share src

#manディレクトリの作成
mkdir share/man
for i in {1..9}; do mkdir man$i ; done
ln -s share/man man

mkdir $NEW/var/log


#ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
##3.デバイスファイル作成
#cd $NEW/dev
#$WORK/MAKEDEV generic
#というやりかたが正統だが、デバイスファイルが足りないので以下の方法にする
cp -arf /dev $NEW
cd $NEW/dev
mknod cloop0 b 240 0

#ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
##4.busybox使用可能への道
cd $NEW/bin
wget http://210.203.213.118/aka/scratch/busybox.gz
gzip -d busybox.gz
chmod +x busybox
#ライブラリの用意
# ldd busyboxを実行すると以下が確認できる
# libm.so.6 => /lib/tls/libm.so.6 (0x4114f000)
# libcrypt.so.1 => /lib/tls/libcrypt.so.1 (0xb7fc0000)
# libc.so.6 => /lib/tls/libc.so.6 (0x41019000)
# /lib/ld-linux.so.2 => /lib/ld-linux.so.2 (0x41000000)
# /lib/tls/以下がなければnetworkエラーが発生するので注意
cp /lib/ld-linux.so.2 $NEW/lib/
mkdir $NEW/lib/tls/
cp -arf /lib/tls $NEW/lib
# 実行プログラムのリンク張り
# $NEW/bin/busyboxと実行すると以下が確認できる
# BusyBox v1.00-pre10 (2004.06.12-14:15+0000) multi-call binary
#
# Usage: busybox [function] [arguments]...
# or: [function] [arguments]...
#
# BusyBox is a multi-call binary that combines many common Unix
# utilities into a single executable. Most people will create a
# link to busybox for each function they wish to use, and BusyBox
# will act like whatever it was invoked as.
#
# Currently defined functions:
# [, arping, awk, basename, bunzip2, busybox, bzcat, cal, cat, chgrp,
# chmod, chown, chroot, clear, cmp, cp, cpio, cut, date, dd, df,
# dirname, dmesg, dos2unix, du, echo, egrep, env, expr, false, fdformat,
# fdisk, fgrep, find, fold, free, freeramdisk, getty, grep, gunzip,
# gzip, head, hexdump, hostid, hostname, hwclock, id, ifconfig,
# ifdown, ifup, insmod, ip, ipcalc, kill, killall, klogd, ln, loadfont,
# loadkmap, logger, login, logname, losetup, ls, lsmod, md5sum,
# mesg, mkdir, mkfifo, mkswap, mktemp, modprobe, more, mount, mv,
# netstat, nslookup, od, passwd, pidof, ping, printf, ps, pwd, realpath,
# renice, reset, rm, rmdir, rmmod, route, sed, setkeycodes, sleep,
# sort, strings, stty, swapoff, swapon, sync, syslogd, tail, tar,
# tee, test, time, top, touch, tr, traceroute, true, tty, umount,
# uname, uncompress, uniq, unix2dos, unzip, uptime, usleep, uudecode,
# uuencode, watch, wc, wget, which, who, whoami, xargs, yes, zcat
#
# busyboxからfunction名でリンクを張ることでその機能が使用できる。
#
# 試しに母艦でwhich loginとすると/bin/loginがloginコマンドのあるべき場所とわかる
#
# busyboxリンク張り
# fdisk mount mktemp tar sed uname tty をbusyboxから切り離す必要あり
cd $NEW/bin ;\
for i in cat chgrp chmod chown cp cpio date dd df dmesg echo egrep false fgrep grep gunzip gzip hostname ip ipcalc kill ln login ls mkdir more mv netstat pidof ping ps pwd rm rmdir sleep stty sync touch true umount uncompress usleep watch zcat ;\
do ln -s busybox "$i" ; done

cd $NEW/sbin ;\
for i in chroot freeramdisk getty hwclock ifconfig ifdown ifup insmod klogd loadkmap losetup lsmod mkswap modprobe rmmod route swapoff swapon syslogd ; \
do ln -s ../bin/busybox "$i" ; done

cd $NEW/usr/bin ;\
for i in [ awk basename bunzip2 bzcat cal clear cmp cut dirname dos2unix du env expr fdformat find fold free head hexdump hostid id killall loadfont logger logname md5sum mesg mkfifo nslookup od passwd printf realpath renice reset setkeycodes sort strings tail tee test top tr traceroute uniq unix2dos unzip uptime uudecode wc wget which who whoami xargs yes ; \
do ln -s ../../bin/busybox "$i" ; done


#ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
##5.chroot可能までに必要なファイルのコピー
# 現在chrootすると以下のエラーが出る
# #chroot $NEW
# chroot: cannot run command `/bin/bash': No such file or directory
# ということで、bashを用意する
cp /bin/bash uname tar $NEW/bin
ldd $NEW/bin/bash
# libncurses.so.5 => /lib/libncurses.so.5 (0xb7faf000)
# libdl.so.2 => /lib/tls/libdl.so.2 (0x41184000)
# libc.so.6 => /lib/tls/libc.so.6 (0x41019000)
# /lib/ld-linux.so.2 => /lib/ld-linux.so.2 (0x41000000)
cp /lib/libncurses.so.5 $NEW/lib
# chroot $NEWをすると
# bash-3.00#
# という文字が見れたら成功。この時点で使用容量=3MB


#ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
##6.必要なファイルのコピー
# dpkg
wget http://lyre.mit.edu/debian/pool/main/d/dpkg/dpkg_1.13.0_i386.deb
dpkg --extract dpkg_1.13.0_i386.deb $NEW
mkdir -p $NEW/var/lib/dpkg ; touch $NEW/var/lib/dpkg/status
# apt
wget http://lyre.mit.edu/debian/pool/main/a/apt/apt_0.6.25_i386.deb
dpkg --extract apt_0.6.25_i386.deb $NEW
wget http://lyre.mit.edu/debian/pool/main/a/apt/apt-utils_0.6.25_i386.deb
dpkg --extract apt-utils_0.6.25_i386.deb $NEW

# mepis
cp /etc/gtk/gtkrc.ja $NEW/root/.gtkrc $NEW/etc/skel/.gtkrc
cd /usr/share ; cp -arf alsa alsa-base hwdata oscenter $NEW/usr/share

# その他
cd /usr/bin ; cp ldd fd $NEW/usr/bin

# aptitudeを使用可能に
wget http://lyre.mit.edu/debian/pool/main/a/aptitude/aptitude_0.2.15.8-1_i386.deb
dpkg --extract aptitude_0.2.15.8-1_i386.deb $NEW
cp /lib/libgcc_s.so.1 $NEW/lib
cd $NEW/usr/lib
cp /usr/lib/libapt-pkg-libc6.3-5.so.3.3.0 . ; ln -s libapt-pkg-libc6.3-5.so.3.3.0 libapt-pkg-libc6.3-5.so.3.3
cp /usr/lib/libsigc-1.2.so.5.0.5 . ; ln -s libsigc-1.2.so.5.0.5 libsigc-1.2.so.5
cp /usr/lib/libstdc++.so.5.0.7 . ; ln -s libstdc++.so.5.0.7 libstdc++.so.5

cp /etc/X11/XF86Config-4.in $NEW/etc/X11
cp /etc/apt/sources.list.in $NEW/etc/apt
cp $NEW/etc/apt/sources.list.in $NEW/etc/apt/sources.list
cp /etc/gshadow.in /etc/resolv.conf $NEW/etc
cd /sbin ; cp meauto meisa mekb $NEW/sbin
cd /usr/sbin ; cp memtest meusb oscenter buildfstab update-rc.d buildxf86config $NEW/usr/sbin


#ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
##7.カーネル導入
#wget http://www.linuxgrill.com/anonymous/kernel/v2.6/linux-2.6.10.tar.bz2
# ckパッチを元に作り上げたものらしい。http://kem.p.lodz.pl/~peter/cko/
#wget http://kem.p.lodz.pl/~peter/cko/rel/patch-2.6.10-cko3.bz2
#wget http://www.bootsplash.de/files/bootsplash-3.1.4-2.6.10.diff

#tar jxf linux-2.6.10.tar.bz2
#bzip2 -d patch-2.6.10-cko3.bz2
a0009081_1375582.jpg

[PR]
by ayamem | 2005-02-12 01:38
参考サイト http://szk.info/ (このサイト+経験を元に書いたのが下の文章)
      http://pc5.2ch.net/test/read.cgi/linux/1019828587
公式サイト http://www.linuxfromscratch.org/alfs/news.html

ALFSとはxmlで記述したプロファイルを読み込み、スクラッチからシステム構築するのを自動化するツール。

LFSをインストールするパーティションを作成する。
mke2fs -j /dev/hda6 ; mkdir /mnt/hda6 ; mount /dev/hda6 /mnt/hda6

作業に必要なパッケージをインストール
apt-get update
apt-get install \
autoconf automake binutils gcc g++ libc6-dev gawk fileutils bzip2 gzip \
diff findutis make grep sed gettext libncurses5 libncurses5-dev patch tar \
texinfo m4 bison flex util-linux perl libxml2 libxml2-dev curl openssl libtool

パッケージをDLする場所を作成。
mkdir ~/lfs/packages/

パッケージをDL。実行するとバックグラウンドでパッケージのDLが始まる。
cd ~/lfs/LFS-6.0-1/scripts ; sh wget.lfs ~/lfs/packages/
もしくは全部入りをDLし、~/lfs/packagesに解凍する
wget http://mirrors.angelinacounty.net/pub/lfs/packages/lfs-packages-6.0.tar
tar xf lfs-packages-6.0.tar

linux-configを作成するため、linux-2.6.8.1.tar.bz2を解凍する
tar jxf linux-2.6.8.1.tar.bz2 ; cd linux-2.6.8.1 ; make menuconfig ; cp .config ~/lfs/packages/linux-config

nALFS-1.2.4.tar.bz2をインストールする
wget http://www.linuxfromscratch.org/alfs/downloads/stable/nALFS-1.2.4.tar.bz2
tar -jxf profile-LFS-6.0-1.tar.bz2 ; cd nALFS-1.2.4 ; ./configure ; make -os ; make install

nALFS用プロファイルを用意
wget http://lfs.130th.net/alfs/downloads/profiles/stable/profile-LFS-6.0-1.tar.bz2
tar -jxf profile-LFS-6.0-1.tar.bz2 ; cd LFS-6.0-1/config/ ; ls
 console.xml general.ent kernel.xml keymap-ch8.xml
 fstab.xml grub.xml keymap-ch6.xml package.ent
というファイルがあるはずだ。これらが核となる設定ファイル。

console.xml
・コンソールでのキーマップ設定ができる。(zaurusでBSがDelに化けちゃうのはここで根本的に間違っているからか?)

fstab.xml
・fstabのデフォルトの設定ができる。自分は特に設定を変更しなかった。

general.ent
・<!ENTITY LFS "/mnt/lfs"> を <!ENTITY LFS "/mnt/hda6">
・<!ENTITY orig_packages_dir "/your/LFS-6.0/packages">を<!ENTITY orig_packages_dir "/root/lfs/packages">
・<!ENTITY lfs_partition "/dev/hda2">を<!ENTITY lfs_partition "/dev/hda6">
・<!ENTITY swap_partition "/dev/hda3">を<!ENTITY swap_partition "">
・<!ENTITY hostname "yourhost">を<!ENTITY hostname "lfs">
・<!ENTITY domain "your.domain">を<!ENTITY domain "">
・<!ENTITY gateway "172.16.1.1">を<!ENTITY gateway "192.168.0.1">
・<!ENTITY IP "172.16.1.22">を<!ENTITY IP "192.168.0.2">
・<!ENTITY broadcast "172.16.1.255">を<!ENTITY broadcast "192.168.0.255">
・<!ENTITY nameserver-ip "127.0.0.1">を<!ENTITY nameserver-ip "192.168.0.1">
・<!ENTITY network-card-module "sis900">を<!ENTITY network-card-module "via-velocity">
・<!ENTITY localtime "/usr/share/zoneinfo/America/Denver">を<!ENTITY localtime "/usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo">
・<!ENTITY lfs-password "lf1nstl">を<!ENTITY lfs-password "demo">
・<!ENTITY password "r00tme">を<!ENTITY password "root">
・<!ENTITY gcc_optimizations "">は-osに設定するとtclのコンパイルでこけた。そのため変更なし。
・<!ENTITY grub-root "hd0,0">を<!ENTITY grub-root "hd0,5">
・<!ENTITY paper_size "letter">を<!ENTITY paper_size "A4">

grub.xml
・Windowsの項目はコメントアウトを解除した。あとはtimeout=10にした

kernel.xml
・特にへんこうなし

keymap-ch6.xml、keymap-ch8.xml
・デフォルトのkeymap設定。英語キーボードなので特に設定変更なし

package.ent
・DLするパッケージ一覧とコンパイル設定が記述されている。これを見るとgccは3.4.1か

最後にLFS-6.0-1/checkit.shを実行し、プロファイルが正しく記述されているか確認。

LFS-6.0-1/runitを実行。
a0009081_19131394.jpg
とりあえずs->cで成功マークが付いたもの以外順次実行される。mキーでマークできる。

tclコンパイルで詰まった。glibcで設定ミスってるようなので途中からやりなおし
[PR]
by ayamem | 2005-02-11 18:12