「ほっ」と。キャンペーン

「わかりました」>「あんまりわかってません」の間接的な用法


by ayamem
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2005年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

Les Clefs d'Or 6月版

6/26…5h 200MB (ベース構築、kubuntu化、KDE3.4.0)
6/28…3h 215MB (mepisの機能移植、$HOMEの保存/復元スクリプト作成、xorg、grub)
6/29…5h 242MB (gcc-4.0、kernel 2.6.12、KDE3.4.1、解像度1280x800対応)
6/30…5h (wine_20050628-1_i386.deb作成中。)
(XFCE4へ移行することにする。KDE重い、使いづらい、起動しても実際はconsoleしか起動しない、以外とファイラが使いやすい、軽いため。)
(squashfs対応のため、起動スクリプト見直し中。対応完了すれば30MB容量削減出来る)
Ubuntuたん絵師"Piro"さんのサイト
a0009081_23513432.jpg
【今回新しくなった点】
Linux on Inspiron 700m855resolution 0.4
# make && strip 855resolution && cp 855resolution /usr/local/bin
# echo "/usr/local/bin/855resolution 5c 1280 800 > /etc/init.d/855resolution"
# ln -s /etc/init.d/855resolution /etc/rcS.d/S01855resolution
・O氏のためにGUIで~/以下をtar+bzip2保存(saveset.sh)/復元(loadset.sh)できるようにした。
・kernel 2.6.12+squashfs/unionfs/bootsplash gcc-4.0 Xorg6.8.2-10、KDE3.4.1
・ベースは Les Clefs d'Or(お気に入りの041027) + mepis3.3.1-1(最新の050611) + kubuntu(KDE3.4.1)
・キーボードようやく日本語標準になりました。ノーパンがメイン機となったおかげかと。
 また、そのおかげでWin+Dで「デスクトップの表示」
 Win+Rで「コマンドを実行」が起動できるようになりました。(もしくは画面左下の「実行」ぽちっと。)
 konsole(cmdでも可)なりkwrite(notepadでも可)なり入力してソフト起動させます。
 パス入力するだけでkonqueror起動しますし非常に便利。

【公開までのTODO】
・wine 6月号
・onscripter、xclannad最新版導入
・rdesktop導入し、いろいろ動作確認

【最低スペック】
メモリ:128MB(KDE起動するため100MB食われます)
CPU:coppermine(Pentium3)以降

【目指すところ】
・日本語コンソールがつかえ、日本語が打てること。
・あとブラウザ兼ファイラなkonquerorの使用。
・ファイル1つすら無駄のない完璧なちっこい環境。
 Xで使用するフォントは「モナーフォント」と「ぱうフォント」のみでよかとです。

【wineのdebパッケージ作成方法】
・Wine最新版ソースをDL
・apt-get build-dep wineで必要なdevを用意できる。
・apt-get --build source wine

apt-get install build-essential devscripts dh-make lintian gnupg
$ export DEBEMAIL="pmqc4y0010427@hotmail.com"
$ export DEBFULLNAME="tukiyo"
$ tar xvfz hoge-0.1.tar.gz
$ cd hoge-0.1
$ dh_make
s : 1つのパッケージとして作成
m : 複数のパッケージに分割して作成
l : ライブラリのパッケージとして作成
k : カーネルモジュールのパッケージとして作成
$ debuild

【残作業】
・grubの画像入れ替え(ubuntuたんZOOMとおもわれ)
・bootsplashの画像入れ替え(画像捜索中。たしか254色制限あったかな)
・init代替を試してみる
・無線LAN使えるようにしなきゃ
・その他沢山
[PR]
by ayamem | 2005-06-26 14:37 | Linux-1CD公開分

SL-C3100買ってきた

PCボンバーで71,300円(税込み)。すぐに触りたかったので通販のやっすいのにも目をくれず。まぁ一日でここまでカスタマイズできたのでよしとしようか。
ちなみにザウルス歴はC750→C760→C860→C3000→C750サザンクロス→C3100。
正直C750が最強と思う(過去何度も言っているので略)。以下駄文
a0009081_1957562.jpg
Handy Bike 8でアキバを駆け抜けました。写真は夜の池袋で白色に出会った時のツーショット。あと青色もあります
なんかマンホールが魔法陣に見えるのはDrag-on Dragoon2やりすぎ・・?

【よくなったところ】
・ふたを閉じただけで自動で電源切ることができる(オプション)
・なぜかキーがブラインドタッチできる。(3000ではできなかった)
 FとJの突起が少し変化あったのか?
・hdd3(3.8GB領域)が/home/zaurus/Documentsに。結構使いよい
・busybox組み込まれている。びっくり
・始めてyahoonewsTTRを使用した。起動時間かかるけど非常に便利ね
 毎朝バッチでニュース取得し、通勤時読む。ウマー

【不具合発見】
・電源ON中、無線LAN(サザンクロスPDAにくっついてるWL1154-STCF-Bね)接続時、抜いてMicroDrive4GBに差し替えると100%フリーズする。こえぇ
・SUSPEND状態から復帰したとき、無線LANが接続しっぱなしステータスになっているが、実際のところ切断されている。→そのため、手動で一度切断し、接続を実施しないといけない。(めんど

【pawfont使用する】
/home/QtPalmtop/lib/fonts/pawfont_160_50_t10.qpf
いじょ

【telnetを有効に】
vi /etc/inetd.conf
#telnet → telnet
/etc/rc.d/rc.d/inet restart
[PCからtelnet]
telnet zaurus → ユーザ名:zaurusにてログイン確認。

【sambaを有効に】
vi /usr/lib/samba/smb.conf
にて無線LAN経由でアクセス許可するためにusbd0をwlan0へ書き換える。
 interfaces = usbd0 → interfaces = wlan0
/etc/rc.d/init.d/samba stop ; /etc/rc.d/init.d/samba start
ln -s /etc/rc.d/init.d/samba /etc/rc.d/rc5.d/S49samba
これでザウルス起動時~/Documents以下が共有される。
やっぱケーブルないのって便利だね

【swapを起動時に自動マウント(3100ユーザ必携)】
まずは64MBのswapファイル作成。
# dd if=/dev/zero of=/hdd3/swap bs=1024 count=65536
# mkswap /hdd3/swap
# vi /etc/rc.d/init.d/swap
 次の2行を記入--------------------------
 #!/bin/sh
 swapon /hdd3/swap
# ln -s /etc/rc.d/init.d/swap /etc/rc.d/rc5.d/S50swap
んで再起動。
a0009081_2341719.jpg
freeコマンドで認識されればおk。"抜かない"HDD内蔵だからこそできる技ですな
a0009081_1450494.jpg
GeoShell+世界ノ全テ(qtrdesktop 1.4.1-3+openssl_0.9.7g-gcc344-1_arm.ipk)
ビットマップキャッシュを「~/に継続的に保存」をすると~/.rdesktopというフォルダが作成されます。これは20MBまでふくれあがるため、内蔵HDDに移すのをおすすめ。
$ mv ~/.rdesktop ~/Documents ; ln -s ~/Documents/.rdesktop ~
ちなみに以下のようにすればv:ドライブにデスクトップを割り当てられる。
subst v: "C:\Documents and Settings\Administrator\デスクトップ"
解除は以下
subst /d v:
a0009081_1246228.jpg
おれんち@入谷。真ん中にあるのがシグマリ2のキーを移植したシグマリ3改
19inchモニタの下にはHDD250GB積んだPS2&同XBOX。たまにlinux入れて遊ぶ。
書籍は9割型UNIX系。残り1割は資格の本か。漫画・小説・エロ本なぞありませぬ ヾ(゚д゚)ノ゛
a0009081_1343172.jpg
Drag-on Dragoon2やってる。カイムが18年経ってもヽ(`Д´)ノボッキアゲなのには驚いた
今第5章「仲間」の光る床+雷落ちてくるところ。歩いても雷に打たれるし。誰か教えて
a0009081_12291978.jpg
A4ノートPCがテーブルになるわ
a0009081_12292434.jpg
画面発色750と比べて暗い。(写真じゃわかんねか)

dmesgとかもろもろの結果(無線LAN装着時。どうでもいい解説付き)
[PR]
by ayamem | 2005-06-25 23:15 | Zaurus
debianイメージ
をDLし解凍。できたファイルをroot_fsに名前を変更
coLinuxをDLしインストール。
インストール先の「default.colinux.xml」を編集
・c:\coLinux\ のパスをインストール先に変更。(自分の場合、d:\i\coLinux\)

メモ帳で以下を記述し、colinux.batと名前変更する
colinux-daemon.exe -c default.colinux.xml

colinux.batをダブルクリックし、colinuxを起動
user:passwordを rootと入力し、ログイン

IPの設定
coLinuxを起動したら同時にDOS窓も起動するはず。
そこでTAP device名を確認。自分の場合は「ローカル エリア接続2」でした。
これと、現在使用している「ローカル エリア接続」とブリッジ接続する。

IPアドレスを設定する
coLinuxコンソールウィンドウから上で設定したIPアドレスをGWとして設定。
vi /etc/network/interfaces

んで最後に、「Routing and Remote Access」サービスを起動。これでネットに接続できる。
a0009081_12294919.jpg
サーバ・・・WinXP Pro(nLite+GeoShell)、coLinux、VMWare
クライアント・・・Win2k(nLite+GeoShell)、リモートデスクトップ接続の図
[PR]
by ayamem | 2005-06-22 00:09 | Linux-メモ

init の代替

minit、runit
initng
readahead(デバイスの先読み)

Drag on dragoon 2プレイ中
OPかっこいい
エリアルレイブとか、ドラゴンの攻撃種類が豊富。
[PR]
by ayamem | 2005-06-19 12:55 | Linux-雑多

nliteようやく問題解決

・今までインストール時にメモリエラーが発生し、作成に失敗しつづけていた。
 1日10回の作成を行い、4日間かかった・・・計40回テストか。
・んで原因は「無人インストール」関連。
 これは触らないほうがよい。
 以前はうまく動作したのだが、最近はインストール中システムエラーが発生しセットアップが完了しない。はて?
・どーでもいいが「配色」をチェックしていたら作成にとまる仕様なおらないですね。
・んで出来上がったイメージは145MBのISOイメージ。これをインストールするだけでとってもちっちゃいWin2k SP4が出来上がります。
・700MBのCDRに145MBだけってのももったいないので、ファイルの追加をしたい場合は「ISO作成」の前にフォルダにコピーすると一緒に焼いてくれる。

・PCJ7月号を参考に久々にBartPEを作成したが、
%Windir%がi386になる、Program Files→Program
とかで常用しようとしたが無理だった。
 いろいろ突っ込んで405MBになった。

あと、ALTER EXは非常に便利。
X使ってきてる人はWindows使用時、なぜALT+マウス左でウィンドウ移動できないのだろうととまどう。
そんなとき使ってください。(愛用)
ちなみにショートカットを作成し、「 -a」オプションを付与すること必須。
[PR]
by ayamem | 2005-06-15 18:51 | Windows
ほんと最近Linuxノータッチ。

リハビリすっかな
DL + CD-RW書き込み終了予定…22:00
[PR]
by ayamem | 2005-06-12 20:26 | Linux-雑多

見守らせていただきます

ASMの日記 WanderingZaurus
宝の山におもえますなぁ
BSDはインストールしかしたことないので、ちょっと触ってみるのもいいなぁ
[PR]
by ayamem | 2005-06-12 14:13 | Zaurus

xDSLインストール

本家
download
CD-RWに焼いて電源OFF/ON→ブート。
起動後、右クリック→Apps→Tools→Loopback install選択。
ループバック2GBありゃいいだろ
swap512MBほど用意
xbeをコピーして終了。

sudo su
xebianからnvxbox_drv.o、XF86Config-4をあらかじめコピーしておく。
cp nvxbox_drv.o /usr/X11R6/lib/modules/drivers
cp XF86Config-4 /etc/X11
dpkg-restore
apt使えるようになるので後は自由に。

今回の目的であるリモートデスクトップ接続をしてみる。
以下にて16ビット色、サウンドをXBOX側で再生、LANの速度に最適化で192.168.3.2にリモート接続というオプション。
rdesktop -a 16 -x l -r sound:local 192.168.3.2
実際、操作はできたがTVの画面だと文字ぼやける。あとサウンドは高音の一部しか再生されなかった。
dxdiagでDirectSound状態見てみると「基本アクセレータ」どまり。はて?
remote(サーバ側)にてサウンド出力指定してみたがなぜか音が鳴らない。
実用的でないな。
[PR]
by ayamem | 2005-06-11 09:00 | Linux-メモ

Solaris10セミナー

秋葉のPlatHomeでいってきた。

今回は対Linuxを考え、
・激的なパフォーマンスの向上(今までが遅すぎただけかと。)
・OpenSource化→1CD作って配布可能!!確認とりました。
・Linuxのアプリケーションがそのまま動作可能(次出るアップデータ導入にて可能らしい。出るのが来年とか・・・?)
・仮想OS(UserModeLinuxみたいなの)サポート
・ZFS採用(次アップデートにて対応。従来のUFSとは違い、バッファをたっぷり持って書き込むとか。)
・サービスプロセスの制御一元化。
 svcsやsvcsadmコマンドにて動作制御できる。
 今までは/etc/init.dや/etc/inet.confで制御していたが、svcsを用いることにより、障害余地を予測することにより切り離しや、ログの出力形式の統一など。

ま~、面白いのでましたね。とりあえずDLしてみた。
動作報告は今度か。
[PR]
by ayamem | 2005-06-11 01:51 | Linux-雑多

SL-C3100=SL-C1000改

これ定価で買うと、MURAMASA PC-CV50FW買えちゃうね。
SL-C750とシグマリ3兼用のほうが現実的だ。

Flashサイズ同じ128MBなんで、SL-C3100のNANDを
SL-C1000に突っ込んだら半額の4万で出費すむ。
また、付属CD-ROM全部突っ込んで1.4GB
最悪デバイス指定をちょこっと書き直せば使えるはず

750売るかな・・・
[PR]
by ayamem | 2005-06-07 22:59 | Zaurus